PUBGのフレームレートを上げる一番の方法は解像度を下げること

PUBGは未だに最適化ができていないのか、あるいはサーバー自体が重いのか、かつてと比較すると多少はマシになったとはいえ、まだまだ重くフレームレートが出づらいの現状です。

とは言え、俺の場合はフレームレートが低いままだと気分が悪くなるのでこのままだとはいかず、なんとかフレームレートを上げることができないかと試してみました。

解像度を下げる

ここにきている人はグラフィック設定をすべて最低にしているという前提で話を進めます。もし、グラフィック設定をいじっていない場合はすぐにでも設定を下げましょう。どれだけフレームレートが出ていても、PUBGというゲームの都合上グラフィックが良くてもメリットはありません。

んで、グラフィック設定が最低の場合は、解像度を1600まで下げましょう。ぶっちゃけ解像度を下げたとしても大した影響はありません。フレームレートは確かに上がりますが、それでも誤差といえば誤差です。

しかし、まったく変わらないというよりかはマシなんじゃないかと思います。解像度を下げた場合若干画質が悪くなりますが、遠方の人影が見えなくなるということはないので安心してください。

大幅なフレームレートの上昇

先ほども言ったように解像度を下げれば多少はフレームレートが向上します。しかし、めちゃくちゃ快適になるかというとそんなことはありません。せいぜい上がったとしても10程度だと思います。思いますというのは、正確に測ったことがないからです。

となると、この程度では物足りないと思う人もいるでしょう。その場合は、いっそのことグラフィックボードなどを買い換えることをオススメします。ちなみにこのゲームはCPUは大して使用しませんが、それでも使用することには変わりありませんし、メモリもかなり使用するためグラボが良くても意味がないことがあります。

グラボ:GTX970
CPU:i5 6500
メモリ:8Gb

以上が俺のPCスペックなんですけど、タスクマネージャーで見るにCPUの使用率は80から100でした。BF1と比較するとあまり使っていない感じですが、それでも100になるとカクツクのですぐに分かります。メモリに関してはそこまで使ってるかなーという印象ですが、実際にメモリを増設するとメモリの使用率が変わるため8Gbでは足りていないんだと思います。グラボに関しては言うまでもなく、大したスペックではないので足りていません。

グラボ:GTX1080
CPU:i7-7700K
メモリ:32GB

理想的なスペックは以上です。このPCスペックはDNG所属のプロゲーマーSUMOMOXQX氏が使用しているPCです。なぜ彼なのかというと、アジアランキング14位・オセアニアランキング1位という実績があるからですね。かつ、すももモデルとして実際にこのスペックのPCが販売されているからです。配信を見るに、やはりPUBG自体が不安定ですが、それでもフレームレートが140から60くらいは出ているため、これくらいのスペックは欲しいところです。

そのまますももモデルを購入するのもアリですが、個人的には足りない部分を交換するという方が好みなのでそちらをオススメします。グラボが足りないのであればグラボを。CPUが足りないのであればCPUを。メモリが足りないのであればメモリを。増幅するなり交換するなりして安く済ませることをオススメします。