『NiZ 66EC レビュー』高級キーボード 静電容量無接点の入門機!

5 min 5 views

NiZ 66ECは一般的にATOM66と言われています。というか、公式サイトではATOM66なのにAmazonでは66ECなの謎ですよね。初めて見たときは色々と混乱しました。ちなみに、表記は違いますが66ECとATOM66は同じキーボードです。

さて、私がATOM66を購入した経緯は簡単です。元々リアルフォースの一番高いやつを使っていました。しかし、無職により資金難で手放してしまったのです。

普通なら安いキーボードを使うべきなんでしょうけど、リアルフォースじゃないとダメな体にされてしまったらしく、安いキーボードには耐えられませんでした。一番駄目だったのはキー荷重の重さです。

私が使用していたリアルフォースはAPC機能と静音がついて最上級のものです。そして、このキーボードにしかない特性として荷重30gという要素があります。

これ初めは軽すぎて誤爆してしまうんですけど、慣れるとめちゃくちゃ早くタイピングできるうえに疲れないので最強というしかありません。そんなキーボードを1年以上使い続けると、荷重が重いものだとキーが重すぎて入力できないんですよね。

冗談のように聞こえるでしょうが、10g違うだけで重さを実感します。そのため、安いキーボードを使い続けることができませんでした。

とは言え、今更リアルフォースを買うには高すぎるし、何よりも同じものを買ってしまうと損をした気分になるためかなり悩みました。そして調査を続けた結果、リアルフォースよりも安く荷重35gで超小型のATOM66を購入することにしたのです。

NiZ 66ECとは

NiZ 66ECとは、中国のNiZ社が開発した静電容量無接点のキーボードです。一般的にはATOM66という名前で通っています。

中国の製品というと品質が悪かったり偽ブランドといった印象があると思います。それは今でもある問題なので間違っていません。一方で優れた技術やアイデアが中国から生まれているのも事実です。

その一つとして生まれたのが静電容量無接点のキーボードを格安で販売しているNiZ社です。世界的に見ればまだまだ知名度はありませんが、日本ではHHKBのようなキーボードが格安で買えるとして、静電容量無接点キーボードファンの間では選択肢の一つとして上がります。

使った感覚としても静電容量無接点を偽ったり、製品に大きな問題があるわけではないので、そういった心配は必要ない思っています。

NiZ 66ECの良いところ

ATOM66を1か月ほど使い続けたからこそ見えてきたATOM66の良いところ悪いところを書いていきます。

超小型

ATOM66の第一印象は、小さいでした。とにかく小さくて、それこそ商品の説明に超小型と明記するくらいには小さいです。

横幅11センチ

長さ29.5センチ

リアルフォースの場合、テンキーレスだと横14センチ、長さ37センチとなっています。小さいからこそのメリットはやはり置き場に困らないことです。

広々とした机で使用する場合はどのようなキーボードでも問題ありません。しかし、こじんまりとした机や場所でキーボードを使用する際は超小型であることにありがたさを実感します。

私が以前まで使用していた机は縦幅50センチでした。モニターを近づけすぎると気分が悪くなるため限界まで下げるんですけど、それでもリアルフォースでは窮屈に感じました。

しかし、ATOM66に変えたとたん広く感じました。たかが3センチの違いですが、狭いところで使用するとその差が重要になってきます。

荷重35gというキーの軽さ

これは本当に重要なことなんですけどATOM66は荷重が35gと軽いんです。私が以前使用していたリアルフォースは荷重30gでした。そして、この軽さを得るためには2万6000円ほど払わなければなりません。

対して荷重35gのATOM66はAmazonでは1万8000円ほどで手に入ります。リアルフォースよりも8000円ほど安くこの荷重の軽さが手に入るのは魅力的というしかありません。

とはいえ、荷重35gです。おそらく荷重30gに慣れきっていると重く感じる、と思うかもしれません。私もそこは心配しました。でも、不思議なことにリアルフォースよりもATOM66のほうがキーが軽く感じるんですよね。

どうしてなのかと考えたところ、ATOM66のキーストロークの浅さに気づきました。具体的な数字は分かりませんが、おそらくATOM66のキーストロークは3mから2mのはずです。感覚的には3mだと思います。

一方リアルフォースは4mと一般的です。しかもATOM66の場合、キーを押し込むと独特の反発が生まれます。この2つが合わさりリアルフォースの荷重30gよりも軽く感じるんだと思います。

これ実質キースペーサーとAPC機能ですよね。それでも1万8000円前後なんだから本当に安いキーボードだと思います。

有線とBluetooth接続の選択

私は充電が面倒くさい、家でしか使用しないという理由からBluetoothには魅力を感じません。しかし、私は少数派で多くの人がBluetoothを待ち望んでいたのは分かります。とくに静電容量無接点の場合、選択肢が少ないですから。

そういった悩みをあっさり解決してしまったのがATOM66を含めたNiZ社のキーボードです。2019年の末にHHKBがBluetoothのキーボードを発表しましたが、やはり高級ブランドということもありATOM66とは比較にならない価格でした。

話を戻しますが、ATOM66の良いところは2つの選択肢があるということです。1つは今まで通りの有線接続。充電の煩わしさやバッテリー切れによるストレスから解放されます。私はこちらのほうが好きです。

一方でキーボードを色々なところに持ち運んだり、見栄えを良くしたい人にとってBluetoothは欠かせないものだと思います。どちらか1つではなく、ATOM66は2つを後から何時でも選択できるため最高というしかありません。

ちなみに、有線の接続はtypeCです。急速充電はできるし、差込の向きで戸惑うこともありません。

自由自在にキーを変更できる

ATOM66は日本語ではなく英語配列のキーボードです。プログラミングなどで使用する際は問題ないでしょうが、私のように記事を多く書く人は日本語入力のためキー配置の変更を求められます。

普通のキーボードだとフリーのキーアサインソフトを導入しなければなりません。しかし、ATOM66は独自のソフトがあるため面倒くさいソフト探しをしなくて済みます。しかも、この独自ソフトが素晴らしいものなんです。

普通のキーアサインソフトはFNキーなどの変更ができません。しかしATOM66の独自ソフトは自由自在。どのキーをどこに配置しようが自由。私は右下のFNキーは使わないため日本語と英語に切り替えられるようにしていました。これがまた便利で良かったです。

ただ独自ソフトにも弱点があります。日本語には対応しておらず、英語と中国語だけだということ。まぁ扱い方を説明したブログが幾つかあるため困ることはないと思います。

NiZ 66ECの悪いところ

ATOM66の悪いところを書きました。

打鍵感

打鍵感に関しては好みの問題ですので興味がない方は読み飛びしてください。

ATOM66のどういう打鍵感が悪いのかというと結局のところキーストロークの浅さが全てのような気がします。荷重35gのところで良い要素として紹介しましたが、これはあくまでもキーの軽さを補助したり高速タイピングしやすいからです。

打鍵感を求めず、軽さと速さが欲しいなら問題ありません。私の場合、疲れず素早いタイピングをするには心地よい打鍵感が不可欠になります。以上の理由からATOM66のキーストロークの浅さは中々受け入れられませんでした。

また、ATOM66を薄くするためなのか、キーを底打ちしたときのゴツゴツ感も気になりました。リアルフォースの場合クッションがあるように感じられましたが、ATOM66にはないため机に響くようなタイピングになってしまいます。そこもまた次の静音ではないというところに繋がっているのだと私は考えています。

静音ではない

一般的なメカニカルキーボードと比べると十分に静かなのは間違いありません。そういう意味では静音という表記は間違っていないと思います。しかし、リアルフォースの静音と比べると天と地ほどの差があるため、どうしても静音?といった感じになってしまいます。

まず、単純にキーを押した際の音がリアルフォースの静音よりも大きいです。そして、先ほどの続きになりますがキーストロークが浅いため、どうしても底打ちしてしまいがちです。そこに薄さも相まって机に響きます。

頑丈な机なら問題ありませんが、私が使用している薄いものだと結構響いてしまいます。そのことから底打ちしてしまうキーストロークの浅いキーボードと静音は相性が悪いんじゃないかと思いました。

とはいえ、冒頭でも述べたように普通のキーボードより静音なのは間違いありません。

ATOM66には歪みがありガタつく

ATOM66を購入してもっとも悪いところだと思ったのがこの歪みによるガタツキです。このことはAmazonレビューを見れば分かると思います。もっと詳しく知りたいならTwitterで検索するのも手です。複数の歪み報告があります。

私が購入したATOM66も同様に歪みがありました。大してレビューを見ずに購入した私は歪みがあるなんて知らず驚いたものです。それこそ初期不良だと考え、返品しようと思っていました。

とは言え、手間なのも間違いなく、とりあえず何とかできないかと調べたところ、ATOM66では当たり前のことだと知りました。そして、NiZに問い合わせた方が直しかたを書いていましたので、その通りにやったら直ったというわけです。

詳しい方法は検索してもらうとして、両端をもって力を入れると簡単に直りました。直ったので私個人としてはまぁ良いかといった感じなんですが、よくよく考えるとこんな不良品を普通に売っているってのはありえないことですよね。

気になる人は間違いなく気になると思いますし、こういうところが中国製品の悪いところだなぁとも思いました。しっかりとしたキーボードが欲しいのであれば、それこそリアルフォースやHHKBなどの有名ブランドを購入するしかありません。正直これらは高すぎますが、高いだけの理由があると今回の件で学びました。

まとめ

総合的に見ればATOM66は間違いなく良いキーボードです。

できるだけ安く静電容量無接点のキーボードが欲しい、静電容量無接点のキーボードを試してみたいと言った方にはオススメできます。

一方で安いなりの歪みといった要素もあるため、完璧を求めるならリアルフォースやHHKBをオススメします。後は自分の懐事情と合わせて考えてみてください。私が書いたATOM66のレビューが参考になると嬉しいです。

とろーるまん

とろーるまん

無職なので無料で読めるなろう系の感想が多め…。好きな漫画は薬屋のひとりごと。好きな小説は三秋縋の君の話。好きなゲームはオーバーウォッチ。最近はミーハーらしくAPEXを嗜んでいます。

カテゴリー:
タグ:
関連記事