【レビュー】Jelly Combの格安ワイヤレスマウスが良い感じだった

5 min 0 views

最近までロジクールのG703を使っていたんですけど、流石に2年も経つと壊れてしまいました。

G703を購入したのは2017年の11月、そして記事執筆をしている現在は2020年の3月です。ゲーム用としては重くて大きく、ぶっちゃけ好みではありませんでした。しかし普段使い用としてはちょうど良い重さ大きさで最高のワイヤレスマウスだったんですけど、スクロール、サイドボタン、右クリック、左クリックと全ての要素でチャタリングが起きました。

ちなみに、チャタリングとは1回しか押していないのにダブルクリックになってしまうことです。初めはサイドボタンがチャタリングを起こし、数ヶ月後にスクロールといった感じで少しずつ壊れ、つい最近肝心の右クリックすらチャタリングが発生してしまいました。

お金があれば同じG703を買い直すことができるんでしょうけど、無職なんですよねぇ…。しかも、最近はゲームをしないからゲーミングマウスである必要がないという。

というわけで、安くてワイヤレスのマウスがないかと探していたところJelly Combのワイヤレスマウスに出会いました。

Jelly Combのワイヤレスマウスとは

Jelly Combのワイヤレスマウスとは言ってもJelly Combには幾つもマウスがあります。

かと言ってG703みたいに個体名があるわけではないのでどう表現したら良いのか分からないんですけど、Amazonでの表記をそのまま持ってくるなら

Jelly Comb ワイヤレスマウス 無線マウス コンパクト 静音 2.4GHz 1600DPI 高精度 省エネモード 持ち運び便利 Mac/Windows/Surface/Microsoft Proに対応 【180日間保証付き】 (白+銀)

になります。めちゃくちゃ長いし、こういう個体名がない商品は基本的に信用しないようにしているんですけど、今回は安いワイヤレスマウスという条件に合っていたので購入することにしました。

で、実際のマウスがこんな感じ。

表面はツルツル

裏面はザラザラ

蓋を開けると電池を入れるところがあり受信用のUSBが入っている

銀の装飾は表面と同様にツルツルしていて剥がれる気配なし

マウスホイールは丸いけど普通のホイールと同じで上下のスクロールだけ

ポイントは以下の通り

・安い
・ワイヤレス
・電池式
・薄型

お金がないので1000円以内を目処に探していました。Jelly Combのワイヤレスマウスは1080円なので若干オーバーしていますが許容範囲内です。正直Jelly Combのマウスより安いものはあったんですけどデザインが結構良いんですよね。シンプルの中に厨二心をくすぐるような装飾があって好みでした。

ワイヤレスは必須です。というのも猫を2匹飼っていて、1匹が子猫なのでコードを噛んだり引っ張ったりするんですよね。動画で見る分には可愛んですけど、作業中にされると鬱陶しいだけなので、そういった事態を避けるためにもワイヤレスは欠かせませんでした。

電池式なのはバッテリーがへたることがないからです。バッテリー式だと徐々に充電切れが早くなるし、安いのだとそもそもそんなに持たない印象があるので、初めから電池式と決めていました。

薄型はなんとなく。

Jelly Comb ワイヤレスマウスの良いところ

Jelly Combのワイヤレスマウスの良いところを書きました

安い

これ重要です。

私は無職なので当然お金がありません。そんなときに大事なのは安くてまともに使えるマウスです。お金があるなら迷わずゲーミングマウスを買うんですけどね。

ゲーミングマウスってただ光るだけと思っている人いると思うんですけど、遅延が少なかったり正確に動かせたり高いだけはあります。

対して安いマウスは遅延が多く正確に動かせない。だからこそ悩んでしまうんですけど、幸運なことに初めて購入した安いJelly Combのワイヤレスマウスはそれなりに動かしやすかったです。

流石に高いマウスと比べると微妙ですけどね。

電池式

上のほうでも触れていますが、電池式はバッテリー式と比べて電池を入れ替えるという面倒くささはあるものの、バッテリー式特有の寿命がないため大切に使えば高いバッテリー式のマウスより長持ちします。

そして、Jelly Combのワイヤレスマウスの説明には省エネモードとあるんですけど、これがまた便利で良い感じです。どういうものかというとしばらくマウスを放置していると勝手に電源が切れるんですよね。

再び動かすにはクリック一回するだけ。それだけで起動します。ということもあり、安いワイヤレスマウスなのに電池の持ちが良さそうでそこも素晴らしいです。

静音

私は人が大勢いる仕事で使うのではなく、家で使うためクリック音の有無には興味がありませんでした。そのため静音だということは実際に使ってから気づいたんですけど凄いですね。

安いマウスだと静音とは名ばかりのものが多いと思うんですけど、Jelly Combのワイヤレスマウスは文字通り静音でした。どういう原理なのかよく分からないんですけど、クリック感が薄くカチッという音が全くしません。これ本当に驚きました。

2.4GHz

ワイヤレスには付きものの2.4GHzと5GHzの問題。

ここも私はあまり詳しくないんですけど、2.4GHzは接続の距離こそ短いものの外部からの干渉を受けづらく接続が安定します。対する5GHzは接続の距離は長いものの外部からの干渉を受けやすく接続が不安定、なんだそうです。

安定したマウスの操作を求める場合、5GHzより2.4GHzのほうが良いんですけど安くて2.4GHzのマウスってあまりないんですよね。しかし、Jelly Combのワイヤレスマウスは2.4GHzで安い。しかもちゃんと安定していて今のところ接続が途切れたことはありません。

2.4GHzは電子レンジやBluetoothが飛び交うところでは弱いと言われているんですけど、そんな環境でも接続が安定しているため感心しました。私が持っている安いスマホは電子レンジを使うとWi-Fiが途切れるんですけどね…。

Jelly Comb ワイヤレスマウスの悪いところ

Jelly Combのワイヤレスマウスの悪いところを書きました。

薄型

Jelly Combの売り文句となっている薄型ですが、私が今まで使っていたG703は手にピッタリと張り付く形になっています。そのため結構分厚いんですよね。そういうところが普段使いにはちょうど良く、好んで使っていました。

そんな人間からするとJelly Combのワイヤレスマウスは薄すぎます。薄型としては素晴らしいんでしょうし、実際薄型を求めている人には高評価です。しかし、私は薄型に慣れていないため良い要素とは言えません。

まぁこれに関しては好みの問題なので悪いところと言っていいのか分かりませんが、被せてマウスを持ちたい方には向いていない形かもしれません。

1600DPI

DPIを説明すると分かりづらくなるので省きます。ようはDPIが高ければ高いほど精密な操作ができるようになると覚えておいてください。

なら1600DPIって良いんじゃないのと思うかもしれませんがDPIは上がれば上がるほどポイントの速度が速くなるんですよね。しかも、1600DPIはWindows側を標準にしていると本当に素早くカーソルが動くため操作しづらいです。

じゃあ、Windows側で遅くすれば良いじゃんって話なんですけど、遅くしてもDPIが高いとやっぱり違和感があるんですよね。初動は遅いけど、それなりに力を入れて動かすといきなり早くなる感じです。

しかも、私の場合G703は800DPIで動かしていたので余計に違和感があり、そこに遅延も合わさりぶっちゃけそこまで快適な操作性とは言えません。

遅延

今までゲーミングマウスを使ったことがない人はたぶん気になりません。その程度の遅延です。

しかし、ゲーミングマウスを使っていたなら気になるかもしれません。私は気になります。本当にちょっとした遅延なんですけど、DPIのところでも話しているとおり1600DPIでこの遅延は結構ストレスになります。

こういうところが安いワイヤレスマウスだなぁって感じでした。ただ、さっきも言ったようにゲーミングマウスを使ったことがない人は気にならないと思います。

サイドボタンがない

これもG703を使っていたからこその話になるんですけど、サイドボタンを戻る進むに割り振っていたため、サイドボタンがないJelly Combのワイヤレスマウスには戸惑いました。

もちろん、買う前からサイドボタンがないことは分かっていたんですけど、サイドボタンがなくなってから気づくありがたみということです。

気にならない人は気にならないとは思いますが、サイドボタンが欲しい人は別のマウスにしたほうが良いかもしれません。

Jelly Combはサクラレビューばかり?

結構前から話題になっているAmazonのサクラレビュー問題。これはJelly Combにも当てはまると思います。だって、900以上のレビューがあって星5って不安じゃないですか。

私が安いワイヤレスマウスを買うにあたり気になったのがこうしたサクラレビューです。どいつもこいつも高評価すぎて不安すぎる…。で、実際にサクラレビューチェッカーなるサイトで検索してみたところサクラ度は90%と出ました。

流石にこれを見たときはドン引きでした。ただこのサクラレビューチェッカーの評価項目を見ると、「マーケットプレイス」や「海外の販売ショップ」というところで引っかかっており「レビュー分布」などでは安全と出ているんですよね。

もう一ついうとAmazonのレビューを星3に絞って見てみると、微妙なところはあるけど価格にしては良い商品というレビューが多かったりします。それは私のレビューを見てもらえば分かると思うんですけど、確かに不満点はありますが1000円だと考えると実際十分な性能ですよね。

ということもあり、Jelly Combのワイヤレスマウスを購入したんですけど、今のところ価格込みで満足しています。特に強くオススメするってほどのマウスではありませんが、星3あたりのAmazonレビューを見るともう少し具体的なことを知ることができるので、下に商品のリンクを張っておきますので気になる方は見てみてください。

とろーるまん

とろーるまん

無職なので無料で読めるなろう系の感想が多め…。好きな漫画は薬屋のひとりごと。好きな小説は三秋縋の君の話。好きなゲームはオーバーウォッチ。最近はミーハーらしくAPEXを嗜んでいます。

カテゴリー:
タグ:
関連記事