ザ・ストレンジャー 感想(ネタバレ注意)秘密が謎を呼ぶミステリー!!

3 min 1 views

2人の子供がいて、違いはあれどどちらも優秀。妻との関係も良好で、まさに理想と羨まれるような生活を送っていたアダムは、1人の女と出会ったことで偽りの生活だったことを知った…。というのが、ザ・ストレンジャーのあらすじになります。

もう少しだけ掘り下げると、アダムは息子のフットボールの練習場にやってきました。目的はもちろん、フットボールの見学と応援です。そこにあるカフェで寛いでいたところ、野球帽を被った怪しげな女が近づいてきました。

誰がどう見ても怪しく、いきなりアダムの奥さん「コリンヌ」の秘密を話し始めたのです。こうなると詐欺ではないかと思ってしまいそうですが、あまりにも具体的な話し方だったので、どうしてもコリンヌのことを疑ってしまいます。どれだけ知らない女の言葉だったとしても、心に棘が残りますよね。仕方がないことです。

そして、アダムは女に言われたことを調べ、妊婦を偽るサイトにたどり着いたのです。そこで思い出すのは2年前のこと。コリンヌが妊娠して、流産したことでした。ここまでくると本人に問い詰めないといけません。

でまぁ、結局喧嘩に発展するわけですけど、それ以降コリンヌの姿を見たものはいません。あるのは数日間1人になりたいというメッセージだけ。以上がザ・ストレンジャーという物語の始まりになります。

誰だって秘密はあるものです。それは主人公のアダムだってそうですし、息子のトーマスだって同じです。コリンヌと違いがあるとすれば、何故か謎の女がコリンヌの秘密を知っていて、アダムをそそのかしたこと。そりゃ確かに妊娠と流産を装ったのは普通の嘘とは違いますけど、でもそういう嘘をつくには相応の理由があるものです。

ザ・ストレンジャーという物語の面白いところは、そういう理由に誰かしらの秘密が関わっているところです。誰のどういう秘密かはもちろん重大なネタバレなので言えませんが、秘密と秘密、人と人、事件と事件、複数の要素が複雑に絡み合い、想像していなかった人たちが想像していなかった理由で繋がっているのがザ・ストレンジャーという物語です。

ぶっちゃけ初めは「ゴーンガール」のようなものだと思っていました。状況は違いますが、妻が消えたという点は同じです。だから、てっきり夫のアダムがコリンヌを殺したとかどうとか、そういう話に発展していくものだと思いました。しかし、1秒たりともそういう話にならなかったのは驚きです。

なんで、夫が逆上して妻を殺害、みたいなしょーもない展開が嫌いな方は是非ザ・ストレンジャーを見てください。

面白いポイント『実は群像劇』

妻が消えたのはどうしてなのか。謎の女は一体何者なのか。こういうドラマや映画は、私の先入観かもしれませんが、主人公視点で一方的に進むものだと思っていました。他の視点があったとしても妻側、たまに謎の女。そのため、ザ・ストレンジャーを見ていて驚きました。

1話の途中から別に視点が混ざってきたんです。しかも、アダムやコリンヌとは関係ない警察。それだけならアダムがコリンヌを探すために警察を利用して…という展開を想像しますが、面白いことに警察は道に転がった首無しのアルパカの死体を調査してたんです。その途中で森の中に全裸で倒れていた若者を発見して…。

といった感じでアダムやコリンヌとはまったく関係ないところで話が進んでいきます。かと思いきや、今度はアダムの息子トーマスとその友人の視点に変わって、これどういう展開になるんだと疑問に思うくらい関係ない話が複数並行していきます。その謎が単純に面白いですし、群像劇特有の無関係そうに見えて、点と点が繋がっていく展開が本当に面白かったです。

上のほうで無関係と言っていますが、めちゃくちゃ関係あるんですよね、というネタバレをしていしましましたが、まぁ群像劇ってそういうものだし…。

面白いポイント『飽きない展開』

これも群像劇に関わってくるんですけど、ザ・ストレンジャーはとにかく飽きない作りになっています。1話50分全8話となるとこういう展開になるんでしょうか。

1話の話をすると、コリンヌの妊娠・流産が嘘と分かり、そのご失踪。アルパカの死体と森に全裸で倒れている若者。エラとミヤという女の子の仲違い。トーマスたちが飲み会でやらかしたこと。こうした今後に関わってくる、しかし現状では繋がりが見えないことが1話にぎっしりと詰め込まれています。

そのため人によっては分かりづらかったり、テンポが速すぎたり、マイナス要素になるかもしれません。しかし、とにかくテンポ良く楽しみたい人にとっては飽きない展開と言えます。私は飽きずに最後まで楽しめました。

感想(ネタバレ注意)

いやー…正直この展開は予想外でした。

というのも、上でも言っているんですけど、私はコリンヌはアダムに殺されているんだと思っていました。前に見たゴーンガールが印象に残っているからでしょうね。まぁゴーンガールは別に夫が妻を殺害する映画ではないんですけど…。

話を戻すと、私はそれがないなら何となくコリンヌは生きているんだろうなぁと思っていました。実際夫が妻を殺害パターンだとここらへんで疑われるんだろうなぁといったところで何もなかったのでコリンヌは生きているものだと思い込んでいました。

なんで、ダグがアダムを連れていく最後らへんのシーンは、本当にコリンヌが隠れているところに連れて行っているんだと、ボーっと見ながら思っていたらまさかのコリンヌ死亡!

いや、本当にまさか過ぎてビックリしました。そのあとアダムが撃ち殺すのは予想通りだったんですけど、ジョアンナが隠ぺいを手伝うのはこれまた予想外でした。

しかし、オチはザ・ストレンジャーらしいものだったと評価しています。秘密から今回の騒動が始まり、秘密で幕を閉じる。本当によく出来ているドラマでした。ザ・ストレンジャー、面白かったです。

とろーるまん

とろーるまん

無職なので無料で読めるなろう系の感想が多め…。好きな漫画は薬屋のひとりごと。好きな小説は三秋縋の君の話。好きなゲームはオーバーウォッチ。最近はミーハーらしくAPEXを嗜んでいます。

カテゴリー:
関連記事