リアルフォースのキースペーサーは必要かどうか

高級キーボードとなると幾つか選択肢がありますがリアルフォースが最上級だと言われがちです。まぁそうじゃないと思う人もいるので、あまりこういうことを言っていると怒られますが。ただ、キーボードに無知な身としてはリアルフォースを最上級のキーボードだと認識しています。

リアルフォースが最上級だと言われる理由は色々とありますが、一番は価格だと思います。ショップによっては価格が異なるので何とも言えませんが約2万5000円ほどと非常に高価です。しかし、リアルフォースは幾つかの機能を削ることで価格を下げることができます。その一部がキースペーサーです。

キースペーサーがあるのとないのとでは5000円前後価格が異なります。と言うこともあり、キースペーサーが必要か不要か悩んでいる人もいるでしょう。僕はキースペーサーが付いたリアルフォースを買い、キースペーサーがありの状態なしの状態それぞれを長く使っていたのでそこらへんの疑問に答えられると思います。

キースペーサーは不要

結論を先に言います。キースペーサーは不要です。

おそらくキースペーサーを欲している人はノートパソコンなどの薄いキーボードを使ってきた人たちだと思います。僕もデスクトップを購入するまでMacbookを使用し続けていました。そのためデスクトップを購入して気づいたんですけど、Macbookのキーボードって使いにくいらしいです。僕はこれ以上ないってくらいMacのキーボードが好きで、むしろメカニカルなどのぶ厚いキーボードが合いませんでした。とにかく押し間違いをしてイライラすることが多かったです。

それでもリアルフォースを購入したのは文字を打つことが多く、疲れにくいキーボードが欲しかったからです。そういう意味では僕が購入したリアルフォースは押下圧が30gということもありとても快適でした。ただ、どうしても違和感があったのも事実です。それが何故か気づいたため、キースペーサーが不要だという記事を書くことにしました。

その違和感とはによるキーストロークの浅さです。Macbookはノートパソコンのためキーボードのキーストロークは浅いです。どのキーボードよりも浅いと思います。だから、リアルフォースのキースペーサーは素晴らしいものだと考え、かれこれ1年ほど使用していました。ただ、どうにも気持ちが悪いんですよね。なんでかなーと考えたときに押下圧の軽さとキーストロークの浅さが全然合ってないんだと思いました。

ここらへん使ったことがある人でないと分からないうえに好みなのでもしかしたら違うという人がいるかもしれません。ただ、僕は押下圧の軽さとキーストロークの浅さのミスマッチに違和感を覚えました。そして、購入してからつけ続けていたキースペーサーを外しました。そして、そのときのリアルフォースの感覚はとんでもない気持ちよさでした。

押下圧の軽さにも関わらず、タイピングした際の押し返す力強さ。恐ろしいほど文字が打ちやすく確信しました。キースペーサーによりリアルフォースが持つキーを打った際の押し返す力が完全に失われていたんです。そのため、何とも言えない違和感が付きまとい気持ち悪かったんだと思いました。この押し返す力に関してはまったく考えていなかったので、正直キースペーサーを外した際はかなり驚きました。リアルフォースってこんなに使いやすかったんだなぁって。

リアルフォースのキーストロークは4mmです。そのためノートパソコンのキーボードに慣れていると、初めはキーストロークが深すぎて使いづらいと感じてしまいます。ただ、このキーストロークがあるからこそ押し返す力を利用してスイスイと文字を打つことができます。だから、リアルフォースにキースペーサーを付けることはオススメしません。

キーストロークに関しては使っていれば勝手に慣れます。そうなってからがリアルフォースの本領です。軽いキーにも関わらず、力強い押し返し。これを体験すると他のキーボードは使えなくなるでしょうね。リアルフォースに信者が多い理由を垣間見たような気がしました。

ということで、僕はリアルフォースにキースペーサーは不要だと考えています。

キースペーサーにもメリットはある

ただ否定するのも何なのでキースペーサーにもメリットがあるということを書きたいと思います。キースペーサーはキーストロークを短くすることができます。キーストロークを短くするとどうなるか。より高速に入力することができます。

ただ、これには慣れが必要です。メカニカルなどのぶ厚いキーボードを元から使用しているのであればキーストロークが短くなると違和感があり中々高速入力ができません。そして、仮に慣れても上でも言っているようにキーを押した際の反発力がなくなるため心地よさはありません。

メリットを語るこの場でこんなことを言うのはなんですが、僕はそういう心地悪さと反発力のなさに違和感がありキースペーサーを取り外しました。ただ、何度も言うようにキーストロークの短さは高速入力に繋がります。とくに一瞬の速さが求められるゲーマーには最適かもしれません。

あとは単純にメンブレンなどの薄いキーボードを使用していて、リアルフォースに慣れない場合にキースペーサーを入れると快適になります。キーボード自体は変らずぶ厚いですが、メンブレン同様キーストロークが短くなります。2mmのキースペーサーを入れるとちょうど良くなると思います。

以上がキースペーサーのメリットです。このメリットにピンとくる場合はキースペーサーはありかもしれませんが、そうでない場合は違和感が付きまとうだけで良いことはないのでオススメしません。

まとめ

僕はリアルフォースを購入してからすぐにキースペーサーを導入していました。理由は今までMacbookを使用していたからです。どうしてもぶ厚いキーボードに慣れず誤字が多かったのでキースペーサーを入れることで防ごうと考えていました。実際誤字は減りましたが、何時まで経っても打ちにくさが改善されず…。

そんなときに何となくキースペーサーを取ったら天国でした。リアルフォースってこんなに打ちやすかったんだと本当に感動しました。そして、キーボードはキーを押した際の反発力が大事なんだと実感しました。僕はその反発力を押さえつけるキースペーサーには反対です。

ということで結論。リアルフォースのキースペーサーは不要です。