薬屋のひとりごと 25話 感想(ネタバレ注意)変態軍師現る

猫猫のもとにまたしても事件がやってきた。今回は高順からの依頼である。高順の元同僚の知人官僚がフグを食べてこん睡状態に陥ったのだ。本来であれば食中毒として片付けられてもおかしくない事件だったが、高順は10年前にも同様の事件が起きたことを知っていたのである。かくして猫猫は今回の事件を調べるのであった。

前話の感想薬屋のひとりごと 24話 感想(ネタバレ注意)粉塵爆発と煙管の持ち主の謎

フグ食べてやべえよ

フグは美味しいんだよね。でも、毒がある。これを昔の人がどうして食べようと考えたのか不思議でしかない。だって、毒だよ毒。今は科学的に毒のありかを調べられるけど、昔はそれこそ実際に食べてみないと分からない。そんな中で調理に挑戦するって、控えめに言ってもいかれてる。でも、そんな先人がいるからこそ我々はフグを安全に食べられるわけだ。25話で登場したのがそういうフグ。

フグを食べた官僚がこん睡状態に陥ったという。でも、料理人曰く「肝はもちろん、皮や身も使ってない」というのだ。ここで考えられるのは料理人が嘘をついているということ。実際調理場にはフグの皮や肝などが捨てられていた。そして、官僚のフグ毒とみられる中毒症状を見ると誰だってフグを疑う。でも猫猫は違った。ちなみに、作中では身や皮は毒が薄いと言われているが、身に猛毒を含むフグがいるらしい。

気まぐれクックの動画で知ったんだけどねw

壬氏のストーキング

なんか壬氏やべえやつになってない?

前まで猫猫に執着しつつもそこまで干渉はしていなかった、ような気がする。まぁ猫猫を買い取ったりしてる時点でそうでもないような気がするけど。でも、最近までは猫猫が1人でいるのは珍しくなかった。しかし、ここ数話は何かと壬氏が絡んでくる。物語的に必然性があれば良いんだけど、壬氏の場合猫猫がいるから俺もいるみたいな感じでまさにストーカー。

今回だって壬氏が唐突に登場して猫猫とんでもない顔してるしw

いや、というか何度見ても本当に凄い顔してるなぁ。これには流石の壬氏も傷ついたようだけど、それでもストーキングを辞めないのが壬氏の良いところでもある。まぁね、猫猫が嫌がっているといっても半ば諦めてるし、これならいっそのことストーキングしたほうが気が引ける可能性が高いようなそうでもないような…。

新しい武官は高順の息子?

事件を捜査する際、猫猫と同伴する武官がやってきた。むっつりとした若い武官だ。それだけならただの武官。悪く言うとモブでしかない。ただ、猫猫の「誰かに似ている気がする」というセリフから、モブではない可能性が浮上した。

んで、考えるに高順の息子なんじゃないかと思った。まず単純に顔が高順に似ている。高順を幼くしてむっつりさせたらこんな感じだろうなぁといった姿をしている。これだけで十分な根拠なんだけど、もっというと高順が遣わせた武官だということ。高順に似ていて、高順の命令でやってきた。高順の息子の可能性が高い。

ここで面白いことが一つ。現在の高順は宦官なんだよね。男のナニを落としたのが宦官。宦官しか後宮には入れないのに入っているということはそういうこと。だとして、では高順が宦官になった理由は何なんだろうか。

子供がいる可能性があるということは、当然奥さんもいるということ。そんな家庭のある人が宦官になるものなんだろうか…。なにかしら理由があるのは当然として、その理由が現状だと想像すらできない。

というか、よくよく考えると壬氏含め、高順の情報が皆無じゃないか! こう主人公の身近な人って何かしら問題があって人となりが分かっていくもんじゃないの? なのに猫猫の身近な人は謎ばかりが多く、分かっていることが少ない。そう考えるとだいぶ怖いな。

犯人と凶器

凶器というと、なんだか物理的に殴ってそうだけど、今回使用された凶器はまさかの海藻だった。犯人はありがちの弟。邪魔な兄を殺すため毒がある海藻を取り寄せたという。

にしても猫猫が言うように本当にありがちだなw

これもしかしたら猫猫がいなかったら海藻の毒によるものだと判明しなかったんだろうか。どうも海藻は珍味の部類らしく、あまり食べる人がいないんだとか。しかも、今は時期ではなくわざわざ国外から取り寄せている。普通であれば石灰で毒抜きされているところ、国外でもあまり知られていないもののため毒抜きはされていなかったと。そして、それを食べた官僚がに。

今回驚いたのは海藻にも毒があるという点。よくよく考えると毒がある花があるんだから、海藻にも毒があっておかしくない、のかな。んで、気になって調べてみたところ「オゴノリ」という海藻が出てきた。毒がるらしく石灰による処理を行わないと最悪死んでしまうとか。死者すら出ているらしく、相当な毒が含まれていることが分かる。

こういうのを見れば見るほど自分が知らないものは食べないほうが良いなぁなんて思ってしまう。怖いよね。そして、そんな恐ろしいものを嬉々として食べてしまう猫猫。そのときの表情が壬氏含めてたまんないあたり「薬屋のひとりごと」が売れている理由が分かります。アニメ化してほしいなぁ…。

変態軍師登場

頭のきれる軍部の高官と聞いて何かを察した猫猫の表情がたまらんw というか、その程度の情報で察してしまうってことは相当な関係のはず。悪い予感というあたり良い関係ではないよね…。でも今まで登場してこず、かなり異質な性格をしていることから猫猫と壬氏に苦難が訪れそう。どうなることやら。

次話の感想薬屋のひとりごと 26話 感想(ネタバレ注意)3人の兄弟に残された遺産とは?