漫画 ひげを剃る。そして女子高生を拾う 1話ネタバレ感想|体を対価に家に泊めてもらおうとする家出少女

社会人の吉田は上司に告白するも振られる。

そのショックで夜遅くまで飲み家に帰るとそこには女子高生がいて…。話を聞くと家出らしく、対価としてやらせてあげるから泊めてほしいという。

高校生を家に上げるだけで犯罪なのだが、やらせてあげるから泊めてほしいという家出少女を放っておくことはできず、吉田は家出少女・さゆを泊めるのであった。

対価は体

日本に限らず世界中に家出している少年少女がいるわけだ。まぁ僕はそういうの興味ないから分からないんだけど、おそらく泊めてもらうための対価として体を差し出すのは割とリアルなんじゃないかと思う。もしかしたら違うかもだけど。

でも、そう考えるとこういう設定って珍しいよね。

やっぱりラノベなり漫画なり、他の男の存在はあまり匂わせないと思うんだよね。まぁ恋愛ものだと元カレが…なんてことがあるかもしれないし、恋愛ものに限らずあるにはあるんだけどラノベだと割かし少なめ。

しかも、本作ひげを剃るだと元カレではなくどこの誰とも知れないその場限りの男。さゆの証言からそういう複数の人たちと寝ているんだろうね。だから、割と斬新だなぁとは思ったけど、これがリアルだと普通に犯罪だから気を付けようね!

吉田の対価は味噌汁

女子高生を泊めるだけで犯罪まったなし。

だったら、思い切って体までとはならないのがひげを剃るの主人公・吉田。優しいというか常識を持ち合わせているため、体を対価に泊めてもらおうとするさゆに説教かまし、味噌汁を作るだけで良いというんだから仏だよ。

でも、やっぱり女子高生を泊めるのは危険すぎる、と思うんだけどさゆの話を聞くと変わってくる。さゆが家出をしたのは半年前だという。しかも、実家は北海道にあって、はるか遠方。ここで考えるべきなのは半年前に家出したという事実。

半年前に家出しておきながら、未だに家出を継続できているさゆの気持ちだったり、おそらく探していないさゆの両親だったり、そんな家にさゆを戻すことが果たして良いことなんだろうかね。

いや、良し悪しに関わらず家出少女を泊めるのはまずいんだけど、でもそういう両親って暴力は振るってなくても虐待だからね。とても難しい問題だと思う。とまぁ、そんなこともあり最終的な結論としては家事を対価に泊めるというものだった。

なんでひげを剃るなのか

この漫画の正式タイトルは「ひげを剃る。そして女子高生を拾う」

女子高生は確かに拾ったけどひげはまだ沿ってないよね。どうしてひげを剃る。がタイトル何だろうかと考えたけど結局答えは見つからず。でもタイトルになっている以上、どこかでひげを剃るんだろうね。

見出しを分けるのが面倒くさいのでもう一つ。お話は今のところ好印象なんだけど、肝心の絵がちょっと違和感あり。あまり書きなれてないのか分からないけど、人物の描写がところどころ違和感がある。

でも、可愛いところはしっかりと可愛いんだけど、定期的な違和感が気になって仕方がない。このコミカライズをきっかけに上手くなると良いなぁと上から目線に思いました。