オーバーウォッチに暴言はあるのか?

オーバーウォッチを買いたいけど暴言は嫌だ。そもそもオーバーウォッチに暴言はあるのだろうか? という疑問に答える記事を書きました。

暴言はある

結論をいうと暴言はあります。単純に「死ね」というものから、煽りのようなものもありますし、チームメイト同士での口論なんかもあります。これはオーバーウォッチに限ったことではなく、オンラインゲーム全般にあるものです。

中でもオーバーウォッチは6対6のチーム戦であり、1人でも欠けると厳しくなるゲームバランスだから仕方のないことなのかもしれません。だからと言って、じゃあ暴言怖いしオーバーウォッチやらないってのはちょっと待ってください。

暴言は通報しよう

これもまたオーバーウォッチに限ったことではありませんが、オンラインゲームには通報システムがあります。もちろん、オーバーウォッチにもあります。

このシステムを利用すると暴言主に罰を与えることができます。正確にはオーバーウォッチに運営が罰を下すんですけど。でも、それによって何日もチャットが出来なくなるし、場合によってはゲームそのもののプレイを禁じます。

なので基本的に暴言は気にせず、なんならBANできると喜びましょう。

チャット欄を閉じVCを切ると楽しくなる!

とは言え、そう簡単に暴言は楽しめませんよね。僕はオーバーウォッチをオープンベータのころからプレイしていますが、暴言には全くと言っていいほど耐性がありません。にもかかわらず、今でも毎日のようにオーバーウォッチをプレイしています。

何故なのか? もちろん、オーバーウォッチが楽しいってのもあるんですけど、単純に暴言を見ないようにする方法があるからです。それがチャット欄を閉じ、ボイスチャットを切るというもの。

個人的にオーバーウォッチの素晴らしいところはここだと思っています。何故なら、そのほかのゲームは初めからチャット欄を閉じたりできないからです。基本的にVCはミュートにできても、チャットは個々で対応しなければならないんですよね。

しかし、オーバーウォッチはゲームを起動したと同時にチャット欄を閉じることができるんです。それにより個々で対応などという面倒くさいことをせずに、気軽にオーバーウォッチを楽しむことができます。

その方法は「CTRL」「SHIFT」「C」を同時に押すというもの

とても簡単です。

まとめ

・オーバーウォッチに暴言はある
・通報で暴言主をBANに追い込むことができる
・「CTRL」「SHIFT」「C」を同時に押すことでチャット欄を閉じることができる

どれだけ酷い暴言があってもチャット欄を閉じれば目に触れることすらありません。そのため、僕は少なくともここ1年はオーバーウォッチで暴言を見ていません。神ゲーです。なので、オーバーウォッチを買い、楽しみましょう!