神マウス「G PRO Wireless」のレビューをしました!

アニメ『ぐらんぶる』尻上がりに面白くなっていく【海外の反応】

ぐらんぶる面白いっすね!

でも1話から面白かったかっていうと微妙というか、ぶっちゃけつまらなかったです。そのことについて記事にしています。

ぐらんぶるの原作組に「つまらない面白くない」と言われる理由

何故つまらなかったかっていうと、やっぱり原作とアニメではテンポが違ったんですよね。具体的にどう違うのかは、つまらなかったと言っている僕も分からないんですけど、でも微妙に噛み合ってなくてつまらなさがありました。

それだけでなく声優も合ってないと思っていたのでわりと苦痛でした。しかし、声優は慣れてくるものなので今では問題ではありません。でも、テンポに関してはどうしようもないと思っていましたが、最近になって良くなったような気がします。

アニメが面白いのは原作が面白いから

どうしてぐらんぶるが尻上がりに面白くなっていくのか。それはズバリ原作が面白いからでしょう。原作が好きだった僕でも、原作1巻はさほど面白いとは思えませんでした。ところどころ笑えるところはありました。しかし、それは本当に1部で常に笑っていられる訳ではありませんでした。

でも、原作2巻から3巻あたりで一気に面白くなります。アニメだと5話ですね。ここが転換期でした。原作からしてそうなんですけど、伊織の同級生が出てくるとめちゃくちゃ面白いんですよね。それはアニメでも同じことでした。そして、原作はさらに面白くなっていくと考えるとアニメもさらに面白くなっていくのは当然と言えるでしょう。

ということで、アニメ「ぐらんぶる」の続きが楽しみです。

海外の評価も上がっている

海外でもぐらんぶるは期待されていました。原作のファンが多かったからです。そのため、MALと言われるアニメレビューサイトでは、1話放送後は8.19と新規アニメではダントツ1位の評価でした。しかし、僕と同じようにアニメの出来が悪いと気づいたのでしょう。2話からはすごい勢いで評価が下がっていき、気づいた時には8.02と7点代に落ちる寸前でした。

しかし、ここが底でした。あとは尻上がりに面白くなっていく「ぐらんぶる」と連動して、MALでの評価も回復してきました。そして、7話を終えた現在は8.16と1話と変わらない点数まで持ち直しています。新規アニメ断トツ1位に変わりはありません。

おわり

元々ぐらんぶるは本当に原作組の評判が悪かったです。それはプライムビデオでのレビューが物語っています。初めの頃は星2つでした。しかし現在では新規組が評価していることと、原作組が評価を改めているため星4つ手前まで回復しています。

正直なところ銀魂の監督がぐらんぶるの指揮をするということもあり過剰に期待していました。でも、監督が全てを担当している訳ではないので、当然テンポだったりどうしようもないことはありますよね。

まぁ、色々と言いたいことはありましたけど、現在のぐらんぶるは面白いので僕は満足しています。