ワイヤレスのゲーミングマウスって遅延が酷いの?

ワイヤレスのゲーミングマウスといえば遅延が酷くて有名です。そのため情弱などと馬鹿にされることもありました。しかし、それは今もそうなのでしょうか。

遅延はほぼない

結論から言うと、遅延が少ないものもあれば多いものもあります。それは各社の技術によるものだったり、そもそも遅延を気にせずに作ってありと様々です。

なので、まかり間違ってもゲーミングを謳ってないマウスを購入するのは止めましょう。そういうマウスは基本的にかなりの遅延があり、スピーディーなゲームには向いていません。

思うように操作できずイラつくこと間違いなしです。なので、ワイヤレスのマウスを買うのであれば、必ずゲーミング用を名乗っているマウスにしましょう。

安定のロジクール

ゲーミングマウスを開発・販売している会社は幾つもありますが、ワイヤレスのゲーミングマウスとなると限られてきます。その中でもワイヤード(有線)と同等かそれ以上に遅延が少ないゲーミングマウスの開発・販売元といえばロジクールしかありません。ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスはG900から始まりました。

G900

G900はロジクール社がゲーミングを謳って販売した初めてのワイヤレスマウスです。その性能は凄まじく、ワイヤレスは遅延が酷いという固定概念をぶち壊しました。

詳しいことは(https://www.4gamer.net/games/023/G002336/20160411047/)をみれば分かります。簡単に説明すると、G900はワイヤードでの運用もできるのですが、ワイヤードのときよりもワイヤレスのときのほうが明らかに遅延が少ないんですよね。

そのほかのロジクール社のマウスと比較しても遅延が少ないため、ワイヤードよりも遅延が少ないワイヤレスのゲーミングマウスとして話題になりました。

ただ欠点もありました。それはG900が高価だったということです。革新的なマウスのため当たり前といえば当たり前ですが、そこまでしてワイヤレスのマウスが欲しいのかという疑問の声があったのも事実です。

G403

そこで登場したのがG403でした。G403もG900と同様に遅延が少なかったです。にもかかわらず、価格がG900よりも1万円も安い12000円でした。

ここらへんから徐々にワイヤレスのゲーミングマウスを購入する人が増えてきました。そして、G903やG703が発売されたのですが、基本的な性能はG900やG403と変わらないため省きます。

G304

個人的にG900より革新的だと思うのがG304の登場です。G304は2018年8月に発売となるワイヤレスのゲーミングマウスです。なにが革新的なのかというと、G900やG403が大きいのに対し、G304は小柄な人物でも持ちやすいほど小さなマウスということです。

なぜ販売されていないにも関わらずそのようなことが分かるのかという疑問はGPROとよばれるロジクールのワイヤードマウスで解決できます。GPROはワイヤードという欠点がありながら世界中のプロゲーマーやコアゲーマーが使用してきました。

何故かというと、手が大きい人でも小さい人でも持ちやすい小ささのマウスだったからです。そのGPROをワイヤレス化したのがG304でした。

まとめ

ワイヤレスのゲーミングマウスは低遅延でゲームに耐えうるものです。とは言え、それは開発会社の技術によるものなので、安定を考えるのであればロジクールが1番です。

そのうえでどのワイヤレスゲーミングマウスがオススメなのかというと、僕はG304を推します。理由は単純に価格が5000円と安く、電池式のため重量を調整できるからです。

あとは僕がつまみ持ちで、GPROがこれ以上ないってくらい素晴らしいマウスだったからです。なのでG304を心の底からオススメします。