ゲーミングマウスとキーボードどちらを先に買えばいい?

とくにFPSを始めるとデバイスを良いものにしたいと考えるものです。理由は単純で、デバイスを一新すれば勝てるようになるから。戦績が上がるからと考えられるからです。勝てるからは味方運になりますが、戦績に関しては実際に上がります。そのため、ゲーミングマウスとキーボードを揃えるというのは間違った考えではありません。

ただ、ゲーミング用はマウスにしろキーボードにしろ高いですからね。社会人であれば買えるでしょうが、学生だとなかなか手が出しづらいものだと思います。なので、この記事では先にマウスを買うべきかキーボードを買うべきか、ゲーミングマウスとキーボードを持っている僕の考えをまとめました。

優先するべきはマウス

おそらく誰に聞いても優先するべきなのはキーボードではなくマウスと答えます。理由は、キーボードは遅延が実感できないのに対し、マウスはハッキリと遅延が実感できるからです。

遅延というのは、ざっくり説明すると遅れて反応することです。キーボードにも遅延はあるものの、それは市販のキーボードであっても実感できるほどのものではありません。

しかし、ゲーミングマウスと普通のマウスでは遅延がなんなのか分からない人間でも実感することができます。そのため、先に買うべきなのは間違いなくマウスです。遅延がなくなるだけで戦績は飛躍的に上がります。

有線マウス無線マウスどっち?

マウスを先に買うとなれば、直面するのが無線を買うべきか有線を買うべきかという問題です。昔であれば無線は優先と比べて遅延があるため、ゲーミング用で無線を使うのは情弱と言われていました。

しかし今は逆で、無線に遅延があると言っていると情弱と煽られます。詳しいことは(https://www.4gamer.net/games/023/G002336/20160314040/)を見てもらうとして、有線より無線のほうが遅延が少ないと言われるくらいには無線技術が進化しています。じゃあ、どちらを買うべきなのかというと、そこは好みの問題としか言えません。

というのも、マウスは様々な形や重さのものがあります。そして、マウスの持ち方には人それぞれのものがあります。となると、ひとりひとりの好みが違うわけです。

そのため、自分に合ったマウスを買うしかありません。その結果が無線だった有線だったか。それだけです。ちなみに、マウスは本当に好みがあるため、自分に合ってないものを使用すると戦績が落ちます。

GPROがオススメ

マウスは好みです。そのため、このマウスがオススメなんていうと「いやいや」となるかもしれませんが、それでも僕にピッタリで名器と断言できるマウスを紹介させてください。そのマウスはロジクールが開発した「GPRO」と呼ばれるマウスです。

このGPROの特徴はなんといっても小さくて軽いということ。いわゆる、つかみ持ち・つまみ持ちと呼ばれる持ち方をする人にピッタリのマウスです。なので、手が小さいと思っている人にオススメです。僕は手の大きさは平均的だと思っていますが、つかみ持ちのためこれ以上ないマウスだと思っています。

ちなみに、8月にGPROを無線化した「G304」という神マウスが発売されます。これは絶対に買ったほうが良いです。

キーボードよりもマウスパッド

マウスを買ったあとはいよいよキーボードをと思うかもしれません。しかし、キーボードよりも先に買うものがあります。それがマウスパッドです。

ゲーミングマウスは遅延がほぼなく、カーソルの動く速度を自由にいじる事ができます。しかし、それだけではまだ良いとは言えません。マウスパッドを購入して初めてゲーミングマウスは良いと言えるのです。理由はいくつかあります。

滑りが違う

マウスパッドを使わないと滑りが悪いです。ただ動かすだけでは大して気にならないでしょうが、細かな操作が求められるとマウスパッドの有無が重要になってきます。

まず滑りません。いやいや、滑るよと思うかもしれませんが、そこに入れる力がマウスパッドがあるのとないのとでは全然違うのです。

次に止まりません。マウスパッドがないと急な止めが上手くいかないんですよね。結果、マウスをゲーミング用にしてもaimが定まらず、戦績は変らずじまいです。

ソールの減りが早い

ソールというのは、マウスの裏側にあるプラスチックです。これがあるのとないのとではマウスパッドを使っても滑りが違ってきます。

ビックリするくらい滑らなくなるんですよね。そのソールはマウスパッドを使用しないとすぐに削れるためマウスパッドは絶対に必要です。

おわり

お金があるのであれば優先順位など気にせず、ヘッドセット含め全てを買ってしまいましょう。しかしお金に余裕がないのであればもっとも優先するべきなのはゲーミングマウスです。2番目にマウスパッドで3番目にキーボードとなります。