クッパ姫がオワコンってマジ?

『2018年夏アニメ』海外で評価が高いアニメをまとめました!

海外のアニメレビューサイトは幾つかあるんですけど、その中でもmyanimelist(MAL)が有名なのでMALを基準に海外で評価が高い2018年夏アニメをまとめました。

1位:銀魂(8.99)

シリアスだろうとギャグだろうと銀魂は海外で大人気。その人気っぷりは凄まじく、夏アニメではダントツの1位となっています。ただ、高評価の作品にありがちなのが評価している人数が少ないという点。すでに何期とアニメを放送している銀魂は登録者数が2万3000人とかなり少なく評価数も3000と低いです。

2位:進撃の巨人(8.64)

銀魂よりは評価が低いものの、しかし評価数や登録数は圧倒的です。登録者数は23万人。評価数は1万3000となっています。

3位:オーバーロード(8.38)

進撃の巨人ほど登録者数はいないものの、それでも11万人と多めです。にも関わらず、評価数は進撃の巨人と変わらない1万3000。これに関しては進撃の巨人の放送が遅かったのに対し、オーバーロードは放送が早かったからだと思います。そう考えると進撃の巨人にしろオーバーロードにしろ数字相当の評価数ですね。

4位:Free!(8.04)

Freeは進撃の巨人やオーバーロードとは異なり銀魂と同タイプです。登録者数は3万5000と少なめで、評価数は2500と相応のものになっています。

5位:ぐらんぶる(8.02)

ここにきて新規アニメが登場。ぐらんぶるがFreeと0.2ポイント差で5位となっています。日本では放送時間が遅くあまり見ている人がいませんが、そこらへん関係ない海外では相応に視聴者数がいて評価も高めです。登録者数は5万9000で、評価数は7800です。流石に登録者数は続編と比べて少ないものの、評価数はそこまで負けていません。原作が海外で人気があったため、登録者数も評価数も多いのだと思います。ただ、あまりアニメの出来が良くないため、すごい勢いで評価が下がっています。

ここからは新規アニメだけのランキングとなります。

1位:ぐらんぶる(8.02)

登録者数は5万9000。評価数は7800。

2位:はたらく細胞(7.93)

登録者数は8万1000。評価数は1万2500。ぐらんぶるは原作が人気だったのに対し、はたらく細胞はほぼ無名の状態でした。そのため、アニメ放送前は登録者数が1万5000と少なめでした。しかし、アニメの放送が始まると口コミで広がり、爆発的に登録者数が増えていきました。登録者数が増えるにつれ評価も7.68から7.93まで上がりましたが現在は停滞気味です。7.93〜7.95をうろうろしている状態です。

3位:バナナフィッシュ(7.85)

登録者数は4万8000。評価数は6000。アニメ放送前の登録者数は2万程度でしたが、放送後は順調に登録者数を伸ばしています。はたらく細胞ほどの爆発力はありませんが、このままいけば登録者数も評価数も伸びるでしょう。ただ、登録者数に対し、評価そのものがさほど伸びていないのが気がかりです。とはいえ、評価自体も下がってはいないためいずれは8.0まで行くかもしれません。

4位:あそびあそばせ(7.71)

登録者数は3万7000。評価数は5700。登録者数は順調に伸びています。ただ、評価は1話からまったく変わっていません。基本的に7.70にいてたまに7.68に落ちますが放送後には7.70に戻っています。そう考えると現在の7.71は良い傾向と言えるでしょう。

5位:はねバド(7.60)

登録者数は5万1000。評価数は7600。登録者数は順調に伸びています。アニメ放送前は1万5000程度でしたが現在は5万を超えています。しかし、評価は話が進めば進むほど下がっています。最高点が7.71なのに対し、現在は7.60とかなり下がっています。このままだと7.50を下回るでしょう。

おわり

以上が海外で評価が高いアニメとなります。これだけを見るとはねバドが一番評価が下がっているように見えるでしょうが、実際はぐらんぶるが一番下がっています。1話放送後は8.19でしたが、3話放送後に8.02まで下がっています。原作の人気があっただけに、アニメの出来がイマイチなせいもありすごい勢いで下がっています。僕も原作が好きで期待していましたがあのアニメにはガッカリです。