ぐらんぶるの原作組に「つまらない面白くない」と言われる理由

めちゃくちゃ原作が好きで、アニメになると聞いたときには喜んだものです。しかも、ぐらんぶるの監督が初代銀魂と同じ人。そのほかにも作品を上げるなら男子高校生の日常や坂本ですがなどもそうです。基本的にギャグ物を面白く作れる人という認識で、こりゃ絶対に面白くなるだろと確信していました。

しかし蓋を開けてみれば賛否両論。原作未読組には評判が良くて、原作既読組には評判が悪いという結果です。なぜ原作組からの評価が低いのか。プライムビデオのレビューを参考に語りたいと思います。

『ぐらんぶる』プライムビデオ

テンポが悪い

プライムビデオのレビューでよく目にしたのがテンポが悪いというものでした。テンポというのはかなり曖昧で、人それぞれに好みがあるものだと思います。

実際原作組の僕はさほどの違和感はありませんでした。

しかし、レビューにあるテンポが悪いから原作の勢いが死んでいる。や、あまり面白くないというものは同意できるところがあります。

べつに僕はテンポが悪いとは思っていないんですけど、だからと言って原作のような面白さがあるのかというとそれは違います。ぶっちゃけアニメはそれほど面白くないです。

アニメ2話の感想でも言っていますが、原作の面白さに助けられていて、かろうじて見られるアニメというのが現状の個人的な感想です。

声優が合っていない

声優が合っていないというものもありました。これに関しては僕も同意できます。伊織にしても千紗にしても想像とは違いました。

とはいえ、これはあくまでもイメージの問題なので大したことではありません。どれだけイメージと違ってもアニメが面白かったり、演技が上手かったりすると慣れるものです。

しかし、伊織役の人も千紗役の人もあまり演技が上手いとは思えませんでした。とくに突っ込み役の伊織が棒気味ってのはあまり良くないと思うんですよね。

まぁ、伊織は次第に突っ込まなくなるし、千紗はそもそも突っ込むこと自体が珍しいので、話が進めば気にならなくなることだとは思いますが、それでも1話2話は伊織が突っ込み役のためどうしても声の合ってない感じや棒気味なことが気になってしまいます。

おわり

正直期待してただけにこの完成度はガッカリです。

そして、一番嫌なのがアニメをみて原作もつまらないものだと思われることです。

失敗したアニメに付きまとうものですが、これは本当にイラつくんでしっかりとアニメを作って欲しいんですけど、なんか色々あるらしいし仕方ないね。

とりあえず、原作からしてしり上がりに面白くなるのは確定してるんでアニメも見続けるつもりです。