2018年夏アニメは『ぐらんぶる』『七星のスバル』に期待!!

2018年夏アニメがもうすぐ、といっても1ヶ月くらい先ですが放送開始となるため個人的に気になるアニメをピックアップしました。

オーバーロード

期待しているポイント

とくにあらすじが公開されているわけではないので何処までアニメ化するのかは分かりませんが、PVの映像や音声からして原作7巻から9巻までアニメ化するんじゃないかと思います。7巻はワーカー編。墳墓に侵入してきたワーカーをコロコロするお話。アインズ様ブチ切れ回。

8巻は帝国の皇帝とアインズ様が対面してアレコレするお話。ジルクニフの不幸の始まり。9巻は王国との戦争。大魔法にて大虐殺。羊さん大活躍。原作未読組はなんのこっちゃって感じでしょうが、個人的には好きなお話ばかりです。

2期はリザードマン編つまんねー、アインズ様はー? みたいな展開ばかりでしたが、3期は間違いなくアインズ様が主役です。なので、2期がつまらないと思った人でも楽しめると思います。

まぁ、ここら辺からアインズ様が魔王になっていくので1期のような話を求めている人には合わないでしょうけど…。なんであれ、超楽しみなアニメです。

ぐらんぶる

期待しているポイント

タイトルやキービジュアル。PVなどから想像すらできないギャグもの。ぐらんぶるの面白いポイントと言えばそこだと思います。

それだけなら正直期待はしていませんでした。だってここ最近は期待したアニメがことごとく微妙か糞の二択で面白いものがなかったんだから仕方がない。

しかし、ぐらんぶるの監督が「銀魂」「男子高校生の日常」「坂本ですが?」の人だから期待しかない。ギャグ専門ってほどギャグをやっている監督ではありません。しかし銀魂の監督というインパクトにより期待しかないでしょう。

ノリも割と銀魂に近いんでなおのこと期待できます。

オーバーロードに並んで楽しみな作品です。

七星のスバル

期待しているポイント

MMORPGが舞台。6年後にログインすると死んだはずの幼馴染がゲーム内に居て…。というストーリーにビビッときました。SAOっぽくありあの花っぽくあり、ストーリーと演出がよければ間違いなく面白いあらすじだと思いました。

ただ、期待はしつつもそれ以外が大丈夫かなぁってのが本音です。まず監督ですが、ほとんど監督経験のない方です。そして、制作会社は夏アニメを2本も抱えています。一つは七星のスバル。もう一つがあそびあそばせ。

体力的に大丈夫なのかという不安。あとは単純にTBS。放送が2時って遅いよ…。でも、シリーズ構成・脚本が四月は君の嘘や亜人ちゃんは語りたいの人ってのはかなり良いですね。不安はありつつ、期待要素多めってことで楽しみです。