クッパ姫がオワコンってマジ?

ザ・リターン 感想(ネタバレあり)|面白いけどオススメはできない

ザ・リターンのあらすじ、めちゃくちゃそそられるじゃないですか。数年前に死んだ人たちが蘇ったら? という展開がもうドキドキワクワクでどうしても見たかったんです。ただ、2015年配信にも関わらず未だにシーズン2がないあたり色々と察したわけですよ。

というか、調べてみるとフランス版だかイタリア版だかは現在も続いていてNetflixで配信しているアメリカ版は未だにシーズン2なし。

それどころか制作状況も何もなく、これって数字が悪かったってことなんだろうか? というのはさておき、続きがないと分かっていながらどうしてもあらすじの魅力に抗えなかった僕。

結果、凄かったです。

関連記事『アメリカを荒らす者たちS2:レビュー』ネタバレなしでどういう話なのか解説!

初めは不和

死んだ人が蘇る。それは素晴らしいことじゃないですか。もう会えないと思った人と会えるなんて幸運以外の何ものでもない。でも、それが数年後のことだとどうでしょうか。ただの家族であれば喜ぶかもしれません。

実際カミーユの家族は喜んでいました。カミーユが死んだことで家族はバラバラ(それ以前から不倫はあったけど)。しかし、カミーユが戻ってきたことで再び1つになりつつあった。けれど、姉のリーナの様子がめちゃくちゃ変。

話を進めるとどうやらリーナはカミーユが死んだことを自分のせいだと思っているらしい。普通だとありえないと思うんですけど、これが不思議なことにカミーユとリーナは妙な繋がりがあるようなんですよね。

んで、バスに乗っているときにリーナとカミーユが好いている男が寝ているのを察知して錯乱すると。まぁ、それが直接事故の原因になったわけではなく、不気味な男の子ヴィクターがバスの前にいたから事故になったわけです。

しかし、そのことを知らないリーナは事故の原因は自分だと人知れず責めていた結果、戻ったカミーユと上手くいかず不和が生まれました。

不幸なサイモン

不和というか作中最大の不幸はサイモンですよね。6年前結婚式当日に死んだサイモン。そりゃ6年も経てば新しい男がいて結婚してもおかしくないとはいえ、だからと言ってあれはないでしょうといった展開の連続。

サイモンと婚約者だった女ローワンは再開して、初めは上手くいっていました。上手くいくとはいっても新しい男に隠れての不倫みたいなものですが、それでもかつての2人に戻りつつあったサイモンとローワン。

しかし、新しい男が変態だったことで事態が一変する。隠しカメラでの盗撮。サイモンは自殺したという嘘(?)。挙げ句の果てにはサイモンを撃ち殺す。これの何が最悪ってローワンも承知の上だったんですよね。もうね、ここまでくると笑えました。

サイモン呪われてんの?

しかしただで終わらないのもサイモンという男。戻ってきたころはローワンとイチャコラしていたこともあり、ローワンのお腹の中にはサイモンの子供が! これは正直ザマァァァァと思ってしまいました。でも、しょうがないじゃん。

回想で子供ができたことをあれだけ喜んでいたサイモンが自殺すると思いますか? いやいや、ありえないでしょ。にもかかわらず、変態の言うことを聞きやがって。

まぁそれまでサイモンの幻覚などに苦しんできたからこそ楽になりたかったってのもあるんでしょうけど、だからこそサイモンの子供が出来るってのは良い展開でしたが、それが判明するのが最終話という悲劇。

投げっぱなしエンド

ザ・リターンまじで面白いんですよ。けど、アメリカ版のシーズン2が今のところないから凄い投げっぱなしエンドになっちゃってるんですよ。いや、本当にこれはヤバイ。だって、シーズン1では何も解決してないんですよ?

解決していることといえばカミーユとリーナの確執だけです。しかも、カミーユに関してはSEXしていた男が死んだと言うとんでもない展開。これが最終話の最後に判明することです。明らかに続編を意識してるじゃないですか。

まぁ原作が別にあるから仕方のないことなんでしょうけど、続編が無理ならオリジナル展開で終わらんかい!

だってさっきも言ったけど、本当に何も解決してないんですよ。

街を流される幻覚をみるサイモン。何度も登場する逆流する黒い水。サイモンを子供を孕んだローワン。カミーユ父の浮気相手の霊能力。カミーユ母の浮気相手の逮捕。そして語られる、他の街の住人が消えたという話。

マジでどうすんのこれ…。というわけで、めっちゃ面白いけど絶対にオススメしないザ・リターンの感想でした。見るなら続編はないことを理解して見ましょう。