『Frostpunk』ストーリーの英語がサッパリだから日本語化を待つことにした

前からすげぇ興味があったFrostpunk。たぶん日本語ではフロストパンクと呼ぶゲーム。開発が名作ゲームを以前リリースしたとかで日本でも注目を集めていました。前作はまぁ一応知ってはいるけどプレイしたことはありません。

しかし、ストーリーがハードだということは知っていて、Frostpunkも極限状態のPVをみて超ハードじゃんと思ったわけですよ。んで、初めは日本語はないと分かっていながらGMGで予約し先ほど10分ほどプレイしてみました。

ストーリーの英語がさっぱり

操作は割となんとかなります。英文ではなく単語のため翻訳をかければ理解できる。でも、このゲームの最大の売りは多分ストーリーだと思うんですよね。極限状態での選択ってやつ? それが醍醐味だからなのか、開幕早々選択肢が現れました。

スクショしてなかったのであれですが、まぁそれなりの長さの英文です。翻訳しても機械翻訳だから意味不明。マジで意味が分からなかった…。

家なし子で助けを求めてるんだろうなぁってのは分かるんですけど、選択肢が3つあって3つとも意味が分からないのがキツイ。ほら、やっぱり選択がめっちゃ重要なゲームらしいので安易には選択できないでしょ?

ゲームだし良いじゃんってのは思うんですけど、やっぱりプレイする以上は意味を理解した上で選択したいってことで15分くらいでセーブし終了しました。

日本語化はあるの?

安心して欲しいのはFrostpunkには日本語化が予定されているということ。ゲーマーにはお馴染みのゲムスパの人が聞いたそうで、その回答によるとリリース後にはなるが日本語化は予定しているそうです。

参考記事:https://www.gamespark.jp/article/2018/04/09/79876.html

なので、英語には全く自信がない! という人は安心して待つことにしましょう。どうせするんだから購入しておくことをオススメします。

ただ、初めにも言っているようにプレイしても肝心な部分が理解できないのでそこは注意。んで、暇な間はこれまたゲムスパのインタビュー記事でも読みましょう。

インタビュー記事:https://www.gamespark.jp/article/2018/04/24/80299.html

あー、それにしても早くプレイしたい。