A.I.C.O. Incarnation 感想|ノリと勢いで誤魔化してるけど

はじめに。レビューでもなければ誰かに向けた紹介でもありません。思ったことをそのまま書いたただの感想なのでネタバレ増し増しです。ご注意ください。

んで、早速この作品に点数をつけるなら5点中「2.5点」となります。テレビアニメだったら間違いなく3話くらいで切っています。それくらいつまらないってほどではないけど続きがイマイチ気にならない微妙なアニメでした。

それでも最後まで見ている理由は全話視聴できることと、微妙と言いつつ個人的には好きだったからだと思います。

全話視聴できるってのは大きいですよ。しかも、ほとんどの人が見ておらず、まだまだ評価が定まっていない作品というのは興味の対象になります。

全話視聴できる過去作品でもテレビアニメだとある程度評価が固まっていますよね。そういうのってよっぽど評価が高くないと僕は見る気になれません。しかし、AICOは配信したばかりだったこともあり最後まで見ることができました。

あとはノリですよね。全話みれるからこそ何だかんだ完走できる。

つまんないなーと思う回があれば面白いなーと思う回もあり、中には無の境地で見ていた回もありました。だからこその2.5点です。

良かったところ

・緊迫した戦闘
・ハナハル特有のキャラデザ
・安定した作画

悪かったところ

・ストーリー
・意味のないキャラ
・しっくりこない心理描写

 

序盤中盤終盤を評価するなら序盤は微妙、中盤は面白い、終盤はまぁまぁといった感じです。なぜ序盤が微妙だったのか。ストーリーがガバガバだったからです。分かりやすいシーンだとアイコと神崎が捕まったところです。

神崎に煽られたからってすんなりと紙飛行機を丸めるなよ。いやいや、特殊な訓練を受けた人じゃないの? そんな人が煽られただけであんなことするの? みたいな感じでシラけてしまい、それからは穴探しばかり。

だからこそ思ってしまう心理描写のしっくりこない感。

別にAICOに限った話ではないんですけど、作られた体だから私じゃない! ってのはどうなんだと思います。まぁアイコの場合は本当に人間ではなかったわけですけど、それはそれとして自己を認識できているのならそれはなんであれ自分でしょと思ってしまい、AICOだけでなくこの手のシーンはアニメドラマラノベマンガ問わずに「なんだかな〜」と思ってしまうわけですよ。

そういう意味では終盤のアイコの決意は良かったなぁと思います。だからこそ、終盤の評価がまぁまぁなわけですが。なんで面白いではなくまぁまぁなのかは伊佐津がどうしても気になるからです。幾らなんでも可哀想じゃない?

気になる点といえばストーリー上敵側にいた女性と赤髪の女の子・三沢楓ちゃん。序盤に神崎とアイコを捕まえた女性がいたじゃないですか。

そして、中盤になって再登場した彼女。何かあるのかと思えばあっさりと喰われるって。ここは本当に拍子抜けしました。なんのために居たの? みたいな。しかも、終盤でも扱われることなく、本当に何だったの…。

そして、楓。未熟ゆえの失敗や葛藤は好きなんですけど、彼女の場合は幼さゆえの失敗だったじゃないですか。はしゃいで失敗して。ああいうシーン嫌いです。何度も言いますが失敗自体は嫌いではありません。

けれど、幼さゆえの失敗は嫌いです。まぁあそこで死人が出ようもんなら間違いなく切ってましたけどそんな事なくて良かったです。そういったところを帳消しするくらいには戦闘描写が優れていました。

おわり

なんか罵倒ばかりしてますけど、別に嫌いではありません。飽きっぽい人間なので本当につまらないと思ったものは最後まで見きれません。

しかし、最後まで見たということは好きだったのは間違いないです。まぁ、それはそれとして全体的に評価すると「つまらない」になるんですけどね。

中盤は面白くて終盤はまぁまぁだった。

だとすれば、個人的には序盤がつまらなかったわけです。あ、ちなみにボケーっと見てたので神崎の正体には気付かず、かなり驚きました。

まぁそんなところです。

次はB: The Beginningを見ようかな。

AICO以上に賛否両論っぽいですけど。