『They are billions』画面が暗いときは視界を確保しよう

初期のThey are billionsはこのように画面が暗く、人によっては恐怖を感じる…かはさておき、とてもプレイしづらい状況だと思います。そういったときにやるべきことはただ一つ。視界を確保することです。

視界を確保するには

視界を確保するには、2つの方法があります。1つは探索すること。これはとても重要なことです。何故なら、陣地の近くにはゴールドや木材などが落ちているからです。これがあるのとないのとでは初動が違ってきます。

なので、そうした材料を得るためにも近くを探索しましょう。どこら辺にゾンビがいるか分かっていれば、コロニーを安全な方向に建築することができます。そういう意味でも探索は非常に重要なことです。

次にもっとも重要なことがあります。それは監視塔を建てるということです。これに関しては視野の広がり方がえげつないので、使わない手はありません。

 

しかし、監視塔はテラスタワーのように初めから建てられるわけではありません。監視塔を建てるには木材工房にて研究する必要があります。そして、この木材工房も1から建てなければなりません。

ちなみに、木材工房を建てるには石が必要になります。石もまた木材などと同様に拾えますが、採掘も出来るため積極的に採石場を建てていきましょう。もちろん、ゴールドなどを考えてのことではありますが。

おわり

画面が暗い場合は視界の確保をしましょう。方法は2つ。探索することと監視塔を建てること。監視塔を建てるには時間を使う必要があるが、焦らずバリスタなどと相談して研究、建築を行いましょう。

単純にゲーム画面が暗い場合はモニターの光度を上げるか、コントラストを変更しましょう。今のところゲーム内で光の調整はできません。いずれ追加されるとは思いますが、現状なんとかするならモニターの設定を弄るしかありません。

以上が画面が暗いときの対処法になります。