クッパ姫がオワコンってマジ?

『PUBG』オワコンになる可能性

大人気バトルロワイヤルゲームのPUBG。その人気っぷりは凄まじく、同時接続数が200万を超えています。今までsteamではいっても同時接続数100万程度だったことを考えると、200万がどれだけ大きな数字か分かると思います。

同時接続数が多ければ多いほどプレイヤーが集まってきます。この手のオンライン限定の対人戦は人口が命といっても過言ではありません。どれだけ面白いと思っていても、過疎っていては遊ぶことができません。

しかし、人がいるのであれば遊べる。だからPUBGをやろうと考えている人はかなり居ると思います。しかし、そうなると一つの大きな問題が浮上してきます。それがチーター問題です。

評価が半分に分かれる

現在PUBGのストアでの評価は賛否両論になっています。67%の人が好意的なんですけど、33%の人が否定的という意味でもあります。

PUBGが出た当初はかなり評価が高く、賛否両論になるなど想像もできませんでした。しかし、流れが変わったのが中国人による連続した低評価。それにより賛否両論までいきました。

何故そんなことになったのかというと、まず単純に中国でのサーバーが不安定だということ。PUBGにおける中国人プレイヤーはかなり多いらしく、それにより不安定だったんじゃないかと言われています。

しかし、こうした問題は一時的な問題でした。では、何故現在も賛否両論なのかというと、レビュー内容をみれば一目瞭然です。先ほども言ったようにPUBGではチーターで溢れています。

オワコンの可能性

チーターは癌です。普通に楽しんでいるプレイヤーの気分を著しく害する犯罪者です。そうしたチーターがPUBGでは溢れかえっています。

その理由の一端が中国人にあると言われています。もちろん、チーターは中国人に限ったことではありません。

しかし、PUBGの中国人プレイヤーがめちゃくちゃ多いため、相対的に中国人のチーターも増えているというわけです。

こうしたチーターを排除できないとどうなるのか。オワコンの一途をたどることになるでしょう。最近チーターによりオワコンになったゲームがあります。それがBF1です。

発売当初は第一次世界大戦が舞台ということもあり、中々評判が良かったです。しかし、次第にチーターが増えていき、何時まで経ってもチーターが減らないため、一般プレイヤーから不満が続出しました。

もちろん、プレイヤー自体はまだまだ居ます。そのため遊ぶことは出来ますが、大多数がBF5を望んでいることは間違いないでしょう。

おわり

PUBGからチーターが減らないと、まず一般プレイヤーが離れていきます。幸いなことに類似ゲームは存在します。

その最たるものがFortniteです。Fortniteは、PUBGよりも軽く、クラフト要素があるためPUBG程でないにせよ人気があります。このままだとFortniteにプレイヤーが流れていくことになります。

そして、PUBGに興味がある人がストアをみると賛否両論ということで購入を躊躇うでしょう。始めたばかりはレートが低いため、めったにチータとマッチングすることはありませんが、購入を考えている人はそんなこと知らないでしょう。

こうなると後はプレイヤー人口が減るのみです。しかし、最近中国のテンセントがPUBGの中国における運営権を獲得しました。それにより中国サーバーは隔離されるのではないかと噂されており、チーターによるオワコン化はそこまで悲観することではないのかもしれません。

また、そのテンセントが独自要素を追加したバトロワゲームを開発するとのことで、中国のプレイヤーがそちらに流れる可能性があります。となると、暫くしたらチーターの数が激減するかもしれません。

チートは犯罪です。

使用しないようにしましょう。