クッパ姫がオワコンってマジ?

AKGのQ701を素人&ゲーマー目線でレビュー

前からAKGのヘッドフォンには興味がありました。高音が美しいだとか、アニソンにはピッタリだなんて言われていたからです。しかし同時にアンプなどが必要だと書いてあり、手を出せずにいました。

流石に数万のヘッドフォンと数万のアンプはニートには重いです。なので、まぁ買わずにいたんですけど、つい最近ゲーム用のサウンドカードを購入したために、うっかりQ701を買ってしまいました。

K701が欲しかった

本当はK701を買うつもりでした。高音が良いヘッドフォンを探していると、必ずといって良いくらいに出てくるので間違いないだろうと思っていました。

あとは単純にアニオタ的にも良いかなと思いK701を買うつもりでいました。しかし、安く販売しているところが一つしかなく、しかもそこはJCBカードが使えないんですよね…。

VISAを持っておらず、どうしてもカード払いが良い身としては買うに買えませんでした。じゃあ他のところで買うかというと3万は高すぎますし、3万も出すなら後続機のほうが良いんじゃね? という考えになりQ701にたどり着きました。

Q701とK701を比較すると高音が駄目らしい

色々なところでK701とQ701の比較記事などを見たんですけど、大体がK701より少しだけ高音が籠ってると書いてありました。しかし、専門サイトというか専門のショッピングサイトを見ると基本的な構造は変わらないと書いてあります。

そこらへんを判断するには知識が圧倒的に足りずどうしようかなーとかなり悩んだんですけど、K701より劣るだけで高音自体は良いものという言葉をみて買うことにしました。

本当に駄目なヘッドフォンなら流石にここまで高評価じゃないだろうという安易な考えもありました。んで、まぁ実際に使ってみて良い感じの高音だったので満足しています。

え、レビューするんじゃないの? と思うでしょうが、音に関するレビューは本当にありふれているのでここでは書きません。

音のレビューが書けるほどヘッドフォンは持っていないというか、Q701と合わせて2つしか持っていないので音のレビューをするのは不可能です。

では、何をレビューするのかというと割と重要な装着感です。

デブには辛い装着感

AKGのヘッドフォンでよく言われるのはコブが痛いというもの。K701は中国産になってからコブがなくなったらしく、高評価ばかりです。

対してQ701は変わらずにコブがあります。そのため、コブが当たって痛いというレビューもあり、人によっては不安になるでしょう。とくに頭が大きな人はかなり気になると思います。んで、さっくりと結論を出すなら、コブは痛くないです。

確かに圧迫感はありますが、それが痛みになることはありませんでした。むしろ、このコブが良い感じに押さえつけてくれるので安定感があります。

じゃあ何が辛いって側面の圧迫感です。コブに関してはわずかに余裕があるため痛みはありません。しかし、側面の締め付けは思ったより強く、デブで顔がでかい身としてはかなり来ます。というか痛いです。

そのため、長時間つけておくことはできますが、代償として頭痛がします。外すとその頭痛も収まるため、間違いなくヘッドフォンによる頭痛です。なので、顔がデカいと思っている人は考えたほうが良いかもしれません。

まぁ、経験としてこの締め付けは慣れるというか、時間が経てば緩むと思うので大して気にならないんですけどね。顔が小さい人は、むしろ安定感を気にしたほうが良いです。結構大きなヘッドフォンなので女性は緩くてズレるかも?

アンプは必要なのか

AKGのヘッドフォンはインピーダンスが高いということでも有名です。というか、そこがネックになって買えないという人もいると思います。ヘッドフォンまでは良いとしても、アンプを含めると高いものだと5万はアッサリと越えていきますからね。

それじゃあQ701にアンプは必要なのかというと、正直どちらでも良いです。素人なのでアンプによる音質の変化などは分かりませんが、単純に音を増幅させるという意味ではアンプなしでも使えます。

しかし、インピーダンス高めでもあるため、イヤホンなどに慣れていると音が小さく聞こえてストレスになるかもしれません。なので、そこは慣れの問題です。

音が小さくても問題ないのであればアンプなしでもOK。音が大きくなきゃ嫌ならアンプが必要です。じゃあ、どのアンプがってなるんでしょうけど、僕はアンプを持っていないため具体的な答えは出せません。

調べてみると色々とオススメはあるんですけど、とある場所ではそのアンプは合わないと言われたり、これが良いと言われたりと本当に何が良いのか分からないので、こればかりは実際にお店に行って店員さんに聞くのが一番だと思います。

専門家でしょうから間違いないはずです。

ちなみに、僕はゲームのために買ったサウンドカード『Sound BlasterX AE-5』が良い感じなのでアンプを買わずに済んでいます。ただ、まぁゲーム用なので音楽用のサウンドカードと比較すると劣るらしいんですけど、貧乏な耳にはこれで十分でした。

ゲームには使えるのか

使えるゲームと使えないゲームがあります。

使えるゲームはBGMなどが重要なゲームです。例えばノベルゲームやRPGなど。対して使えないゲームは足音が重要なFPSやTPSです。

僕はまだオーバーウォッチでしか使ってないんですけど、5000円のゲーミングヘッドフォンより劣っていました。足音が聞こえづらく、Sound BlasterX AE-5特有のイコライザーの問題もあるんでしょうけど、全体的にボンヤリしていました。

なので、足音が重要なゲームには使わないほうが吉です。

RPGなんかは良い感じなんですけどね。

おわり

以上がQ701のレビューになります。

レビューというよりも主観マシマシのただの感想なんですけど、でも他のサイトを見た感じこんなふざけた記事はないようだったのでニッチ層には刺さるんじゃないかと期待します。個人的に言いたかったのは装着感のみです。それ以外は文句ありません。

初めはそんなに高音が良いかと思いましたが、使ったあとに重低音のヘッドフォンや1万円くらいのイヤホンを使うとはっきりと音の違いが分かりました。

我ながら貧相な耳だなーと思いました。

ちなみに、Q701を買うならAmazonがオススメです。プライム会員限定の割引があり、28000円で購入できました。