『アズールレーン』7-1の不知火の魚雷が強すぎる

6-4をやってみて、かなり辛かったです。

特に夕立の攻撃がかなり効いていて。ほとんどがA評価でした。そのため、7章にいっても満足にクリアできず、燃料だけを消費するんだろうなーと思っていました。なので、しばらくは6-4の夕立掘りに徹して、レベル上げをやっていこうと考えていました。

というか、実際にそうしていたんですけど、今回のアップデートで9章が追加されたので考えを変えざるを得ないというか、本音を言うと新月がめっちゃ可愛かったので欲しいと思ったのでした。

7-1の不知火がエグい

んで、7-1に挑んだんですけど、案の定ボス戦で壊滅しました。なにが問題って不知火の強さです。所詮はノーマルだろみたいに思ってたんですけど、不知火ってこんなに強かったんですね。横3列に放つ魚雷。自動戦闘だとほとんど避けられず命中。

ボス戦は第一艦隊と決めているんですけど、その第一艦隊に硬い艦娘といえばオイゲンのみ。そのオイゲンだって特別硬いと言うわけでもなく、むしろタンクになるためゴリゴリと削られる羽目に。あとに残されたのは柔らかいラフィーとそれなりの兄貴のみ。

まぁ当然壊滅するよねってな感じで終わりました。

不知火の性能

wikiを見ると、どうも不知火に限らず日本艦は魚雷の火力がかなり高いようです。実際の雷装の数値を見ても最高456と高いです。これだけなら不知火は脆いので倒せないことはありません。じゃあ、なにが辛いって不知火が保有するスキルですよね。

次発装填という魚雷を2回発射できるかもしれないスキルを持っています。もちろん、全てに2回と言うわけではありませんが、2回も発射される可能性があるわけです。そして、実際に2回も魚雷を発射されると脆い艦隊だとアッサリと溶けてしまします。

唯一の救いは不知火自体は脆いと言うこと。そして、スキルが次発装填と全弾発射の2つしかないということ。これで3つあったら本当に辛かったかも。

対処法

無理ゲーに見えても対処法はあります。アズールレーンは相性みたいなものがあるゲームですからね。例えばこの不知火、火力は高くても耐久は低いです。

そのため、相手よりも早く攻撃を行えば有利に戦えます。具体的には前衛を硬くして、後衛でスキルを回していくと言うもの。僕がやっているのだと後衛には赤城・加賀のスキル、先手必勝にフッドのグロリー・オブ・ロイヤルを重ねていくというもの。

これにより赤城・加賀の攻撃速度が早まり、相手の脆さに漬け込むことができます。ただ、僕は硬い艦娘をあまり持っていない上に、今のところ育てる気がないという面倒くささが災いして、ごり押しすることにしました。

前衛を変えず、何度もチャレンジ! そうするとレベルが上がって、割とアッサリと突破できます。あとは単純に手動戦闘にするという方法です。

不知火の魚雷攻撃も隙間はあるため、手動であれば簡単に避けられます。面倒臭いのであればレベル上げを行うか前衛を硬くすることです。

おわり

これだけ強ければ不知火主力として使えるんじゃね? と思ったものの、wikiを見てみれば周回にはありとだけしか書いてありませんでした。確かに耐久はかなり低いし、不知火の上位互換は居ますしね。でも、やはりノーマルという魅力があります。

ズバリ低燃費。

なので、周回にはありなんでしょうね。

僕は今のところやるつもりはないですけど。